忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中米関係台媒:下蔡当局も片思いですか

アメリカ国務長官チュール森日に北京を訪問し、米側がすぐれていると願った「衝突、対抗、相互尊重、共同発展」の精神が対中関係、これもアメリカ初の「中米関係新型大国に呼応する」。現在の東アジア情勢波诡云谲、諸問題が米中が手を携えて処理して、アメリカ傾向がすでに中国大陆が描いた二国間関係用語構築時、台灣に直面しなければならない厳しいアメリカの転換。
文章の内容は次の通りダイジェストする:
30年近くに来て、中米関係はすでに変化が発生していた。世纪のきゅうじゅう年代末期、アメリカ国力をはるかに優に大陸、当時、どう定義両国関係、アメリカプロパガンダの明らかに音量が大きく。例えば、クリントン政権時、米中関係は「建設性戦略」として関係すると」。ブッシュ大統領に就任して初期、米中関係の定義は「戦略ライバル」が、「アメリカ同時多発テロ事件が勃発した後、大陆を勝ち取るとテロで「建設的協力関係を調整する」。
しかしアメリカ国力衰退につれて、大陸の国力クレッシェンド、大陸から両国の関係も定義。オバマ政権はち年前後を叫んで、「アジア復帰」、「アジアの再バランス」を、大陸の学界とアメリカ大陸戦略ポジショニングで「ライバル」と「仲間」との間に揺れて。習近平氏が就任直後で、胡錦濤まず使われ出した「中米関係の構築を共に推進する新型大国」。
胡錦濤の述べた「新型大国の関係」を「相互に尊重し、協力を拡大し、さらに拡充習近平」は「不衝突、対抗、相互尊重、共同」。オバマ当局は「新型大国の関係」について。
驚くような、アメリカ选挙前後に中国大陸に対して怒のトランプ普当局が就任わずか約2ヶ月が急速にヘアピン曲がってはまず「復帰アメリカ中政策」で、さらに和する大陆中米関係の定義、希望すると説明。これはもう一度確認国際舞台には永遠の敵、もない永遠の友達も、台灣の政策評価しなければならないのアメリカ意向。
アメリカ復帰アメリカにもかかわらずで「中政策」の後に台が大挙して軍事ビジネスが、当局は慎重に評価するかどうかは蔡写真単全収。爆発波は北東アジアの緊張朝鮮半島にとって、北朝鮮の核開発、ミサイルはもちろん俑を作るが、米韓構築する「萨德」は、大陸による米韓猛反発の要因。を例にとって、アメリカはその国家利益を最高に考えて、韓国まで必要かどうか結果に責任を持つは、韓国が付コスト。現在韓国の大統領選では比較優位の文では反対萨德寅言い放ち、大陸との協議を称愿この議題。
韓国と大陸は、協議のパイプライン、現在両岸の協議のメカニズムが中断されている。トランプ当局立案台に大挙して武器輸出は、アメリカグローバル分担軍事費の思考にとって、台灣に対処するかどうかを考えなくてはならない追加かつ不必要なコストですか?未来の台灣は取引の切り札になりますか?蔡当局はうっかりしてはならない!
文章は最後に、台灣は二つの間で、最適の状態を「左は勝手右は得手」を二大供負け資源;最低の状態を「にっちもさっちも行かない」と、二大に遭って。アメリカは大陸の兆しになっていると、蔡当局はもっと楽観的なことはできない。 
原文住所:http // www.imastv.com / news / taiwan / 2017-3-26 / news_content_148948.shtml
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[08/20 Smithg715]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R